さつまいもFarmer’s

長崎五島ごと

木下秀鷹

安納芋、べにはるか、シルクスイート、パープルスイート

長崎県五島市

さつまいもを栽培する上での工夫やこだわり

・できるだけ余計な世話をしない。過保護にしすぎない。→さつまいも自体が持つ力を最大限に引き出す。
・収穫で失われた知力の回復のサポート(pHの測定を行い、畑の状態を確認。)
・日当たり良好な場所を選ぶ。周辺の草や木を切り少しでも日が当たるようにする。
・水はけがあまり良くない場所は溝などを作り、少しでも水はけをよくする。

長崎県五島列島はさつまいもの産地としてまだまだ認知が低い場所ではありますが、「芋の島」だと日本全国に認識されること、また五島の芋は高品質で美味しいという印象を持ってもらうために、まずは収穫量を増やしていきます。

農薬・化学肥料不使用を徹底し、芋が持つ力を最大限に引出すことにこだわりながら、2年後に1反当たりの収穫量を1.5倍にすることを目指しています。そのために畑の状態の確認、手入れに力を入れ始めています。
これからもさつまいもを通じて長崎県五島列島の魅力を発信し続けていきたいです。

Copyright © 2021 さつまいも博.All Rights Reserved.